指揮者・指導者のご紹介

中塚昌昭

指揮者:中塚 昌昭(なかつか まさあき)

兵庫県丹波市出身。大阪音楽大学音楽学部声楽専攻卒業、大学院オペラ研究室修了。主にオペラやバロック音楽の分野で活躍中、また最近ではコンサート歌手としてクラシックから歌謡曲まで幅広いジャンルを三味線による弾き歌いなどを加え型にはまらない活動をしている。コーラスや発声指導にも力を入れており、旭区民合唱団リリオや「大阪市民混声合唱団」では国内外の団体とのコラボレーションを展開中。現在、女声合唱団「アルス・ノーヴァ」、女声コーラス「ひなぎく」、常翔啓光学園PTAコーラス「歌えば天国」、「エコ・エレガンテ」、男声合唱団「DanDan」、混声合唱団「神戸青年合唱団」、旭区民合唱団リリオ、都島区民合唱団「みやこん♪」、寝屋川ヴォイストレーニングサークル「マイルーフ」他多数の団体を指揮指導。 中塚企画代表。旭弦楽アンサンブルあるこ副代表。大阪市コミュニティー合唱祭企画会議代表代理。 常翔啓光学園非常勤講師。

ピアニスト:久田 幸代(ひさだ さちよ)

大阪音楽大学音楽学部器楽学科ピアノ専攻卒業。在学中2台のピアノでザ・カレッジ・オペラハウス管弦楽団と共演。卒業後現在に至るまでアンサンブルピアニストとして研修を積みながら主に声楽、合唱、室内楽の分野で多数の演奏会、音楽祭に出演。コンクールや試験の伴奏も務める。演奏活動の傍ら後進の指導に当たる。 これまでにピアノを藤江圭子、浅井康子、楽曲分析を前田智子、室内楽を河村典子、白土文雄、小野崎純、AlenaChernyの各氏に支持。現在「コーラスひなぎく」「コーラスチェリー」「旭区民合唱団リリオ」各ピアニスト、大阪音楽大学附属音楽院、Artemミュージックサロン各講師、演奏団体Coterie”SO”、écrin 所属。